豊川市ソフトボール協会

協会沿革・役員

  • HOME »
  • 協会沿革・役員

沿革

昭和56年 協会の前身となる豊川市ソフトボール同好会が発足した。
加盟チーム数は27であった。
昭和57年 豊川市ソフトボール協会を設立した。
豊川市体育協会第18番目の加盟組織となった。
登録チーム数は男子27チーム、女子は7チームであった。
宝陵高等学校対藤の花高等学校の模範試合を開催した。
昭和61年 創立5周年を記念して、日本電装招待試合を行った。
平成02年 小田渕クラウンズが県会長杯に優勝した。
平成03年 創立10周年に当たるこの年、中日本総合ソフトボール大会を招致した。
44チームが参加し、その選手及び役員総数は1187名であった。
平成09年 シニアチーム、豊川シニアを結成した。
平成10年 ジュニアチーム、スパーク豊川を結成した。
平成13年 創立20周年となる。記念式典を挙行した。
平成14年 豊川シニアが第15回全国健康福祉大会(ねんりんピック)の愛知県代表となる。
豊川高等学校が全国選抜大会(沖縄)に出場した。
平成15年 豊川高等学校がインターハイ(長崎)及び国体(静岡)に出場した。
平成19年 登録チーム数は男子39チーム、女子3チーム、ジュニア2チームである。
平成23年 登録チーム数は男子A級9チーム、B級8チーム、C級31チーム、シニア5チーム、女子3チーム、ジュニア1チームである。

平成30・31年度役員

PAGETOP
Copyright © 豊川市ソフトボール協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.